121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2005年01月

作者近影(笑)

 似顔絵イラストメーカーさんで遊んでいたら結構実像に近いんじゃないかと思われるシロモノが出来上がったので、思わずプロフィールに貼り付けてみました(笑)

 すぐに下ろしますので、seedsの実像を垣間見てみたい、という奇特な方は是非お早めに(爆笑)


 最近は「作者近影」ってあんまり見かけないですね。あっても似顔絵だったりするし。

 そういや、年末年始に相方の実家へ行っていた時、「シティハンター」を読み返していたんですが、巻末に読者からのお手紙紹介やら、読者から送られて来た写真(!)が掲載されていてびっくりしました。あの頃は随分とオープンだったんだなあ、と……。今やったらエラいことになりそうだ。

 

迷惑メール

 毎日メールボックスに放り込まれる迷惑メール。英語のから日本語のから、ダイエット法から浮気相手募集に至るまで(笑) 多岐に渡るこれらのメール、本当に迷惑以外の何者でもないんですよねー。

 でも、メールアドレス変えるのも面倒だし(^^ゞ 消せばすむことだからいいか、と今まで無視しまくっていたのですが、放っておくと一日に二十通ほど溜まるので、しばらくメールチェックしなかったりすると受信箱が迷惑メールだらけ、というのもざら。

 で。毎日無為に消すのも趣に欠ける、ここは何かに利用できないか、と思い立ちまして。考えました。利用法。

 「名前ストック」に転用。

 ファンタジーなど書いておりますと、登場人物の名づけに迷ったりするので、そういう時の参考用に、送信者の名前を一覧にして取っておく!(笑)(別表に書き写してるだけで、メールそのものはさっくり捨ててますよ)

 T-RPGやゲームのキャラメイキングにも利用できて、一石二鳥です(爆笑)
  
 転んでもタダでなんか起きてやるもんか。

れすれす


○一言フォームより

 Hさん:「月に捧ぐ歌」の感想ありがとうございました~♪ ラウルとルフィーリのやり取りは書いていてもとっても楽しいです。いかにしてラウルを困らせてやろうかと(←酷いやつ)
 冒険者三人組は、当初は同行しない予定でした(^^ゞ ただ、アイシャは人気者ですし(笑) 色々伏線にも関わってきたりするので、ラウルに同行してもらった次第です。
 第二部は登場人物が本当に多いので、どこに誰がいるかが時々分からなくなります(^^ゞ 伏線も色々張り巡らせているので、それらを一個一個解きほぐすのが大変です。あわわ。

 続きはしばらくお待ちいただくことになると思いますが(^^ゞ 楽しみに待っていてくださいね~♪
 あと一山越えたら最後まで勢いに乗って書けそうなのですが、その一山が(^^ゞ

頭の中

 花粉がびっしり詰まってそうです(T_T)

 先日さっそく病院へ行って、ちょこっと強めの薬(一日二回)と点鼻薬を処方してもらったところ、かなり楽になってきました。
 が、薬が切れる頃になると途端に鼻が詰まり息が詰まり目が痒くなり(>_<)

 なんかねー、ほんと首から上が酷いことになってましてねー。アンパン●ンのようにすぽーんと取り替えたい気分です(鼻だけでも可)。

 でも花粉情報見ると、まだ「飛散前」になってるんですよねー。どういうことなんだろう。飛散前でコレなら、飛び始めたらどうなるのよ。もしかして、私ってば家から出られなくなるんじゃ……(T_T)

 で、外出時にはマスクをしろと言われたんですが、困ったことにワタクシは眼鏡常用者。眼鏡をかけてマスクをすると、どうやってもマスクが息で曇るんですなー(T_T)(顔にぴたっとするタイプのものでも駄目。鼻が低いからなのか、いやでも、ゴーグルしても目に水が入るような顔してるから、顔の造形自体が浅すぎるのかも……涙)

 マスクすると息が出来ないし、眼鏡かけてマスクすると変質者以外の何者でもない状態になるので(T_T) どんなに酷い風邪を引いてもマスクをしない主義(イヤな主義だこと)なのですが、今回ばかりはそうも言ってられないかも。

 みなさーん。花粉には気をつけましょーねー。今年は去年の30倍だそうですからー(にっこり)

れすれす

○一言フォームより

 Rさん:「でんたま」にハマってくださってありがとうございます♪ 「月に捧ぐ歌」楽しみにして下さっているとのことで、俄然ファイトが沸きました(←単純)
 実は現在、見事に詰まっておりまして(T_T) なかなか先に進めない状況なのです。「月に捧ぐ歌」は長編小説ですので、じっくり煮詰めて書かないと後になって辻褄が合わなくなったり、話がちんぷんかんぷんになり兼ねないので、少し書いては前に戻り、を繰り返しているので、なかなか進まないんです(T_T)
 毎日確認してくださって本当に嬉しいのですが、更新スピードは「亀の如し」ですので、気が向いた時に立ち寄っていただくくらいでようやく釣り合うかと思います(^^ゞ


○web拍手より

 「こんなところにダリスさんが!?」 はい、あんなところにひょっこり登場です(笑) 実は「眠れる森の姫」は後々「でんたま」本編に関わってきますので、どうぞお楽しみに~(忍び笑い)




Farn Farn World Stories


 ファンタジー作品群に「Farn World Stories」を追加しました!
 こちらは、ワタクシseedsが所属しております「高千穂冒険者倶楽部」というT-RPGサークルで行われたT-RPGセッションを小説化したものです。
 これまでに二回、このセッションは行われておりますが、小説化第一弾は二回目、エピソード1「眠れる森の姫」と相成りました。(一回目は「エピソード0」として後々公開を予定しております)

 Farn World Storiesはその名の通り、オリジナル世界ファーンを舞台に繰り広げられるT-RPGです。そして勿論GM(ゲームマスター)はこの私、seedsが務めさせていただいております。
 物語の舞台はファーン新世暦106年。「でんたま」よりもちょっと前の話になります。
 元気いっぱいのキャラクター達が繰り広げる冒険の数々、どうぞお楽しみくださいませ!



れすれす

○一言フォームより

 Hさん(でよろしいんでしょうか(^^ゞ : でんたま本編&外伝・番外編を読破してくださり、ありがとうございました~。
 暗い過去を持つ(笑)ラウルですが、根本的に「お人よし」属性なので(^^ゞ 第二部ではますます本領発揮しておりますので、どうぞお楽しみに~♪
 そしてアイシャ、大人気ですね(^^ゞ こんなに人気が出るキャラになるとは思ってもみなかったのですが、とても嬉しいです♪



でんたま総合TOPを改装しました


 外伝やら何やらがわんさか増えてしまい、どうにかしたいと思っていた、でんたま総合TOPを全面改装しました。
 本編以外のあらすじを削ったり、レイアウトをいじったりして、少しは見やすくなったかと思うのですが、どうでしょう??

 あとは前からの使いまわしのTOP画像をなんとかすればいいのだけど、如何せん絵心がね(^_^;) TOP絵も他力本願企画で募集しちゃおうかな、なんて思っているぐーたら&わがまま管理者がここに(^^ゞ

 最大700×500くらいで、よほどのネタバレにならなければどんな構図でもOK! できれば画像内に「伝説の卵神官」の文字を入れて、って、注文だらけじゃん(>_<)

キター!!


 昨日の夜から急激に鼻が詰まり出し、寝苦しさのせいか嫌な夢ばかり見て、起きたら目が激烈に痒い。喉も痛い。鼻もずるずる。


 花粉症、キターーー!! (>_<)

 去年までは主に目が痒くなっていたのに、今年は鼻です。鼻の粘膜が腫れ上がっている感覚がします。鼻水止まりません。

 たーすーけーてー(>_<)


 もともとアレルギー体質なので、ずっと薬を飲んでいるんですけど、今年の花粉症にはこれじゃ駄目っぽい……。早目に病院行こう(T_T)


 ……更新速度が今までにも増して遅くなったら、花粉にやられたと思ってください(>_<)

タイムスリップ・1999

 T-RPGサークルの仲間と、「GURPS・妖魔夜行」というゲームのセッションを行いました。
 実はこのセッション、当初は私がGM(ゲームマスター)を務めていて第三回まで行ったのですが、ゲームシステムがなかなか複雑で(あくまでも私には、ですが・涙)進行はなんとかなるものの、各種判定や戦闘時の判定で頭がぐちゃぐちゃになってしまうこと多々で、第三回で話がストップしていたものなんです。
 シナリオ自体もそれ以降の話を全く作っていなかったので、このまま自然消滅するかと思っていたのですが、仲間内でこの「妖魔夜行」という世界観が好評で、何とかして続けられないか、ということになり。
 結果、後輩にGMを引き継いでもらい、私は一プレイヤーとしてゲームに参加することになったのですが、続きの話は作っていないというものの、敵側の動き(というか最終目標)は第一回の時点で設定してあったため、私はラストの展開を知っている(^_^;) わけで、その辺の事情を「知らん振り」するのが難しい(^^ゞ セッションだったりします。

 この「妖魔夜行」では、プレイヤーはみな妖怪。ただし、彼らはみな人に好意的(もしくは中立の立場)で、普段は人間社会の中で暮らしているという設定で、何か妖怪絡みの事件が起こると、それを解決するために立ち上がる、ということになっています。
 で、私がプレイしているのは「神社のお使いキツネ」(笑) 普段は十二歳くらいの女の子の姿をしていますが、真の姿は白狐(^^ゞ
 今回のセッションでは、ごく普通の人間の前でやむ終えず真の姿を晒すことになり、目の前でいきなり女の子が狐になって戦い出した瞬間を目撃してしまった高校生の男の子は見事「キツネ恐怖症」となってしまいました(笑)

 ちなみに、このセッションの大本になっているネタは「ノストラダムスの大予言」だったりするので、ゲーム世界はいまだ「1999年・初夏」だったりします。というかこのセッションを開始したのがその年だったんですけど(笑)

 世紀末は――来るのかな? (笑)

チャット

 昨夜は「きみょうなたまご」さんのチャットにお邪魔して、延々ダベってました(^^ゞ
 チャットルーム開店に気づいたのが開かれてからあまり間のない頃だったので、一番乗りして色々喋っていたら、色々謎な会話(笑)をしていたせいか、ROMの方はどんどん増えていくのに入室される人がいない。

 ……ごめんなさい、営業妨害してましたね、私(^_^;)

 眠る前にちょっと、と入室された方と、今度は三人でZABADAK話に花を咲かせ。ZABADAKはいいですよ、ほんと。CDが擦り切れそうなくらい(ほんとか)聞いてます。

 その後、その方は退室されて、またたまごさんと二人で二時半くらいまで色々喋ってました(^^ゞ やはり謎会話ばかりでROMっていた方々には何が何やらだったかもしれません。 ……やっぱり営業妨害か(>_<) ほんとすみませんでしたm(__)m


 で、そのZABADAKについてちょっと語ってみようかな、と。

 私がZABADAKに出会ったのは、高校生の頃でした。正確には、元ZABADAKの上野洋子さんの声に出会ったのが、ということになります。
 「ふしぎ遊戯」という漫画にハマり、そのドラマCDを買い集めていた時期があったのですが、そこで挿入歌を歌っていたのが上野洋子さんだったと記憶しています。
 そのブックレットで、たしか原作者の渡瀬悠宇さんが上野さんのことを書いていたんです。それが出会いでした。
 次に彼女の名を見たのは、やはり漫画のドラマCD「天馬の血族」でした。(これは母親が原作ファンで、知らぬ間に家にあった)こちらでは伊藤真澄さんという方とタッグを組んでおりました。

 ますます上野さんの歌声に魅了され、色々調べるうちに、ようやく彼女がかつて在籍していたと言うユニット「ZABADAK」の存在に辿り着き、新宿のTSUTAYAでCDを探したところ、手に入れたのが「創生紀~ザ・ベスト・オブ・ザバ ダック」というCDでした。

 ここに収録されていた「Poland」と「オハイオ殺人事件」にすっかりハマってしまい、他の曲にも次々ハマり、そこからZABADAKファンとしての日々が始まったわけです。

 とはいえ、すでに上野さんは脱退しており、上野さんがいた頃のCDは中々手に入らない状況で、色々CD屋さんを渡り歩いては見つけたものを買っていました。

 そして、やはり好きになるジャンルと言うのは重なるもので、ゲームそのものにハマってサントラを買うようになった幻想水滸伝のCDに上野さんが参加していたり、小説のサントラ「三剣物語」で吉良さんが歌ってたりと、あちこちでZABADAKの方々の名を目にするんです。

 ちょっと脱線しますが、私のツボに入るアーティストさんって、のちにコンビを組んだり曲を提供しあったりして、接点があることが多いんですよねー(笑) 新居昭乃さん然り、伊藤真澄さん然り、おおたか静流さん然り、大島ミチルさん然り、植松伸夫さん然り、葛生千夏さん然り。

 話を戻して。

 そんなこんなで、結構遠回りしてZABADAKのファンになった私ですから、勿論ライブに行ったこともないしCDやビデオもあまり持っていません。周囲に同志もおらず、カラオケに言ってZABADAKの歌を歌っても、「誰の曲?」と言われることが殆ど。

 しかし。何故か、創作活動をしている方々の中ではZABADAKが聖典のようになっていたりしているようで、漫画の後書きや同人誌のフリートークコーナーなどでその名を見かけて、何故か嬉しくなったり(笑)

 特に、ここ数年ネットで創作活動をするようになってからは、ネットを通じて知り合った方に同好の士を見出すことが出来て、すごく嬉しいです♪


あなたがわたしにくれたもの

 結婚三年目にして、ようやっと結婚指輪を買いました(^^ゞ
 
 普段、あまりアクセサリー類を見につける習慣のない私達(相方だけではないところがミソ)。というのも、私も相方もシルバーアレルギーで、手頃なお値段のアクセサリーがつけられないんです。
 それでも私の方は、付き合ってしばらく経った頃に安いプラチナの指輪を(ドンキホーテで)買ってもらって、結婚した後はその指輪を左手の薬指にはめ直した(笑) のですが、何分お金がない、買いに行く暇もない、何より相方の、

「指輪をすると、違和感があって落ち着かない」

 という意見をどうにも説き伏せることが出来ずに、結婚指輪なしでずるずるとここまで来てしまったのです(笑)

 実は結婚式も挙げていない私達、せめて写真だけでも若いうちに取っておきたいね、などと言っていたのですが、写真を撮るだけでも五万から七万ほどかかることが判明した途端、腰が引けてしまって(←小市民)
 なら、せめて結婚指輪は買おう! もう文句は言わせないぞ、いいから嵌めろ! と相方を説得し、ようやっと購入に踏み切ったのでした(笑)

 で、二人ともシルバーアレルギーだし、結婚指輪だから長く使えるいいものにしたい、でもプラチナ高いよ~、とショーケースの前で散々悩み、結局ホワイトゴールドのシンプルな指輪を買いました。
 
 昨日、ようやっと仕上がってきたものを受け取り、早速嵌めてみたところ、私の方はぴったりだったのに、相方のはゆるゆる。

 ちゃんと買った時にサイズを測ったのに、何故だろうと首を捻る相方。そして、

「もしかしてあの時、俺ってすごくむくんでたのかな!?」

 買いに行ったの昼間だったじゃん! それでなんでむくんでるんだよ!?

 手を洗ったり風呂に入ると落としそう、と不安げな相方を宥めすかし、「いいからずーっとしてろよ」と言い聞かせて、そして翌朝――

「見て、ほらピッタリ!(得意げ)」

 ……喜ぶなよ。


 

通販

 先日申し込みをしておいた同人誌が届きました~。

 えへへ、「WORKING!!」と「ブタイウラ」買っちゃった~(浮かれ)

 同人誌の通販を申し込んだのは、これが初めてだったりします。(大体はイベント時に直接買いに行く)
 先日、某所の「記録(後編)」をイベントで買い逃がし、サイト上で通販が始まった折にも送料をケチって通販申し込みをしなかったら、次の版ではサイズを変えるかもしれないと知って、ちょっとショックだったので(笑)
 欲しいものは欲しい時に買わないと、二度と巡り会わないんだよ、と痛感。(「記録」は前後編まとめて一冊にするそうな。うわーん(>_<)

 サイトで拝見するのも勿論楽しいのですが、手元にあるというのが凄く嬉しい。書き下ろしもあってとても嬉しい。

 愛読書がまた増えて、ほくほく顔のseedsでした(^^ゞ


お年玉企画・結果発表!


 大変長らくお待たせいたしました。

 年末年始に行っていた「お年玉企画」の結果発表ページをアップいたしました~(^^ゞ

 魅力的なキャラクターばかりで、どの方にご登場願おうか、最後の最後まで悩んだのですが、自身の力量と相談して、三名様に絞らせていただきました。
 
 早速執筆に、と言いたいところですが、執筆途中の原稿を色々溜め込んでおりますもので(^^ゞ まずそちらを書き上げてからになりそうです。

 あ、ちなみに難航していた「漫画原作大募集!」応募作の小説版は、つい先日ようやっと脱稿しました~!!
 これであちらの発表に合わせられるぞ~♪

十年

 あっという間、だったのでしょうか。

 私はその時、今と同じ東京に暮らしていて。関西方面に知人が一人もいなかったこともあり、震災は殆ど「他人事」「TVの中の出来事」でした。
 それでも、その凄惨たる被害状況に、目を覆わずにはいられなかったことを覚えています。

 もし、今。大規模の災害が私の住む町を襲ったら。

 私は大切なもの達を、守ることが出来るだろうか。形あるものだけでなく、形のないものたちも、この手で守り抜くことが出来るのか。

 ……願わくば、我が子が自分の力で生きられるようになるまで、大きな災害には遭いたくない。

 極めて利己的ですが、それが私の切なる願いです。


 失われたもの達に、祈りを。

メメント・モリ

 唐突に脳裏を過ぎる言葉ってありませんか?
 昨日はこの言葉が頭にこびりついて離れませんでした。
 ……でも意味が思い出せない。っていうかどこで知ったんだろう、この言葉?

 で、調べてみたら中世末期のヨーロッパで盛んに使われた、「死を想え」という意味の宗教用語(ラテン語)だとか。

 一体、どこでこんな単語を仕入れてきたんだろう……? 藤原 新也氏の著書? 読んだことないぞ。Mr.Childrenの歌? いや、聞いたことないよなあ。

 ……謎。


 

部屋着


 大分前、私の部屋着が「夏は甚平」「冬はカンフースーツ」だと書いたことがありますが、最近これに「つなぎ」が加わりました(笑)
 
 しかも子供用だ……。160でぴったり(というかちょっとブカブカ)なのがなんとも切ないのですが、ぴったりだからまあいいか(^_^;)

 その格好でうっかり相方をお出迎えしてしまったら、呆れ顔で

「これから空でも飛ぶの?」

 と突っ込まれました。うーん、飛べるもんなら飛びたいねえ(笑)


今更、ですが……


 元日に食べた雑煮、実家に暮らしていた頃は祖母が作っていたので、味と具材は分かっていても、具体的な料理方法までは知りませんでした(それほどに料理嫌いだった)。

 実家を離れ、誰も他に作ってくれる人がいなくなって、自分で作らざるを得ない立場に立たされた時、これまでの不精を猛省し(^^ゞ 祖母に簡単なレシピを聞いて作るようになったのですが、どうにも祖母の味にならない。

 ちなみに我が家の雑煮は醤油ベース、小松菜と鳥のモツを入れるだけの超・シンプルな雑煮。間違うはずもないのに、どうしてこんなに味が違うのか。

 おかしい、おかしいと思って、この間祖母に聞いてみたところ。

「出汁? 出汁なんか入れないよ、モツから出るんだから」

 ……こういうのは出汁からだろうと思いこみ、鰹節の出汁で作っていたことがそもそもの敗因かっ!!

 来年は間違わないようにしよう(T_T)


 ……そんな私はつい先日、焼いた餅を砂糖醤油につけて食べようとして、うっかり「塩」を醤油の中にぶちこみ、「おっかしいなあ、あんなに砂糖入れたのに全然甘くならない」ともう一度「塩」をぶち込んだあとで、ようやく砂糖と塩の入れ物を間違えて手に取っていたことに気づいたという、根っからのおっちょこちょいです(涙)
 
 醤油に塩……そりゃしょっぱいはずだわ。



新年会

 友人達を自宅に呼んで、お手製新年会を開きました。
 料理の材料と酒をみんなで買出しに行って、寄ってたかってわいわいやりながら作って、満腹になるまで食べて飲んで、かかった費用は1200円也。低予算であれだけ楽しめるのだから、自宅deパーティはいいよなあ、と思った今日この頃。
 でも後片付けをしなきゃならないのがちょっと大変ですけどね(^^ゞ

 しかし、ちょっと声をかけるだけで、小学校から(一部・保育園から)の友人が八人も集まるのだから、腐れ縁というやつは素敵です(^^ゞ
 さすがに八畳の部屋に総勢十名(&ちっちゃいの)は狭かったけど(笑)

 ちなみに、メニューはこんな感じ。

 チゲ鍋
 スモークサーモンとクリームチーズの生春巻き
 炊飯器で出来るナスとお餅のラザニア風
 豆腐と竹の子の旨煮
 刺身
 牡蠣フライ
 えび煎餅

 デザートにブランデーケーキ

 その他にもお菓子がいっぱい。お酒もいっぱい(笑)

 私が作ったのはほんの一部です(笑) あとは料理好きの友人が手際よく作ってくれました~。Sちゃん、多謝!
 そして次々と溜まっていく洗いものをせっせと片付けていた相方にも感謝(^^ゞ

 しかし、女ばっかり九人も集まると、ホントかしましい(笑)
 二十年近い付き合いなので、もう遠慮のえの字もないし。
 友人曰く、「目指せ一世紀越しのお付き合い」だそうで。おいおい、幾つまで生きる気だ(笑)

お年玉企画・締め切り


 作業が遅れまして、本日夕方を持ちまして締め切らせていただきました。

 中旬の発表をどうぞお待ち下さいまし(^^ゞ

 いやはや、予想以上のご応募を頂きまして、揃いに揃った素敵なキャラクター達に惚れ惚れしております。ただいま、鋭意選考中でございますので、しばしお待ちあれ。

+++++

 暮れからこっち、ずーっと舌先に出来た口内炎(?)に悩まされていたのですが、必死にビタミンを摂取し、睡眠を取り、口腔内の清浄を心がけ、結局のところ貼り薬のお世話になって、ようやく沈静化しました。

 口内炎が出来ると、ご飯を食べるのも水を飲むのも辛いので、食欲自体も減退してしまい、それでも三食作らなければいけないので、そりゃもう辛かったんですけど(>_<)
 これでようやく美味しいご飯が食べられるよ……(涙)


七草粥

 七日ということで、朝ご飯に初めて七草粥を作ってみました。といっても、入れた七草はフリーズドライのやつだけど(^^ゞ

 実家では、母が大のお粥嫌いなことと、もともとおせちをはじめとするお正月料理を家族全員苦手としていたことから、七草粥の習慣がなかったんです。

 結婚してからも、相方が同じくお正月料理を好まなかったため、七草粥を食べるほど胃がもたれないというか(笑) とにかくそういう習慣がなかったんですよね。

 で、今年はたまたま、昨日スーパーに行ったら簡単に出来るフリーズドライの七草が売っていたので、興味本位で(!)作ってみたのですけど。

 ……味、しない。

 考えてみりゃ、菜っ葉の味しかしないんだから当たり前(T_T) しかもフリーズドライなせいか、妙に薬臭い。

 これならただのお粥の方がいいよう(>_<)

 そして困ったことにに、フリーズドライの七草、二包入りだったんです(爆) もう一回、今度はちゃんと塩味効かせて作るか……。


+++++

 七日になりましたので、年賀TOPは下げさせていただきました。お持ち帰りいただいた皆様、ありがとうございましたm(__)m 卵ですので、煮るなり焼くなりお好みでどうぞ(笑)

 お年玉企画の方は、今日いっぱいで終了とさせていただきます。と言っても、夜中に作業できるか分からないので、ページが表示されているうちは応募可能、ということで(^^ゞ
 皆様のご応募、お待ちしてますm(__)m

 


デッドエイジ

 年齢というよりは、どれだけTVを見ていたか、流行に敏感だったかが多分に影響しているのでは、という気がしました(^^ゞ

 年下の相方の方が「イモ欽トリオ」とか「シーモンキー」とか知ってたことにショックを覚えた後、「アヴリル」を知らなかったヤツを嘲笑った似非アンダーエイジのseedsでした(笑)

 小さい頃はホント、見ていたTVといえば「なるほど! ザ・ワールド」と「水戸黄門」と「大岡越前」と「チップとデールの大作戦」くらいだったし(偏りすぎです)
 学級内の恋愛沙汰にも疎いほどに世間に対して興味がなかった「ぼんやりニンゲン」でしたのでー(笑)



他力本願企画


 タイトル通り、他力本願な企画「他力本願企画」"The Scenario"にシナリオを追加しました。
 2004年最後の作品となった「snow flake」を漫画用のシナリオに起こした作品です。画力向上のたたき台に、新たな画風の開発に、どうぞお役立て下さいまし♪

年末年始の過ごし方

 今年は見事なまでの寝正月でした(^^ゞ

 撮り溜めておいたビデオを見たり、レンタルしてきたDVDを見たり、その合間に雑煮を食べて、寝て、汁粉を食べて、寝て……。ああ、見事に自堕落なお正月(笑)

 我が家ではおせちを作りません(苦手なものばっかりで……。味付け濃いし)なのでお正月は雑煮とお汁粉だけで済ませて、今日の夕飯なんてすでにカレーでした(笑)

 さて、年末年始は相方実家でのんびりと過ごしていたのですが、着いて早々階段から落ちるという2004年最後の大失態をやらかし(T_T) その翌日(大晦日)には、あっという間に積もる雪にはしゃぎ、思わず指なし手袋をして雪だるまを作っていたら、手が痛くなりました(>_<)

 そして早々と寝てしまい、起きたらもう2005年の朝(笑)
 しかも、2日に帰る予定を、「寒いから。」という理由でいきなり1日繰り上げる羽目になり、慌てて荷造りして新幹線に飛び乗ることに。

 そうやって帰ってきた家の冷蔵庫には、ものの見事に何もなく。2日は当座の食糧の買出しに追われておりました(^^ゞ 

 年末年始、終始バタバタしていた気がします(T_T) もうちょっと優雅なお正月を過ごしてみたいよう。


A Happy New Year !!

 あけましておめでとうございます。
 今年も星明かり亭をよろしくお願い致しますm(__)m

 ……帰省先にUSBフラッシュメモリを持ち込んで、義弟が寝ている横でこそこそアップ作業をしていた不審人物がここに(笑)

 TOPの年賀状は酉年ということで、卵(&ルフィーリ)にご登場願いました(^^ゞ
 しばらく飾っときますので、お気に召しましたらどうぞお持ち帰り下さいまし。

 明日帰省のはずが、相方の気紛れで本日帰ってまいりました(^^ゞ
 明日は旧年中に出来なかった大掃除をやるそうです(涙) ワタシはちゃんと手の届く範囲は掃除したよー? (←超・狭い範囲) あとはやってくれよー(しくしく)



プロフィール

seeds

  • Author:seeds
  •  オリジナル小説サイト「星明かり亭」を運営するへっぽこモノカキ(^^ゞ
     猫好きだが猫アレルギー……orz

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

twitter

ブログ内検索

でんたま成分解析

月別アーカイブ

RSSフィード