041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

date :2005年05月

アンケート終了しました


 「オフセット版の販売開始時期について」アンケートを終了いたしました。
 短い期間にも関わらず、大勢の方に意見を寄せていただきまして、ありがとうございました。

 アンケート結果は以下の通り。

 刊行次第、順次……………09票     
 上下巻が揃った時点で……35票 

 この結果を踏まえ、また色々と慌しい現状も考えまして、販売は上下巻が揃ってから開始したいと思います。
 ご協力ありがとうございました。

 下巻が刷り上るまでに通販の手順を今一度見直し、万全を期して望みたいと思います。

 詳細は順次「真夏の夜の夢プロジェクト」ページで発表していきますので、よろしくお願いいたします。

うっかり


 今日を26日だと思ってました(>_<)
 大慌てで「6周年企画」の「異世界FTキャラを質問攻めだっ!」を更新しました~。
 最終回は色々迷いましたがダリスさんにご登場願いました。

 「あれこれ質問BBS」にも数多くの質問を頂きまして、ありがとうございますっ! 回答には少々時間がかかる場合がありますので、少しお待ちいただけると嬉しいです。

年寄りの話は


 適度に聞き流しつつ、興味深く聞く。これが出来ると出来ないとでは、同じ話を聞いても苦痛になったりするんだろうなあ、と思う今日この頃。

 私の祖父はまだ現役で働く事務員ですが、酒が入ると同じことを繰り返して話す癖があります。
 それは若い頃からの癖らしく、長年連れ添っている祖母などは、もう耳にたこが出来ていることでしょう。
 しかし、祖父の記憶力はかなりのもので、数十年前の事柄も、地名や天気や人の名前に至るまではっきり覚えており、しかも結構波乱万丈な人生を送っていることもあって、鉄道から軍隊、旅行先の話から史実まで、多岐に渡った話が聞けたりします。
 特に若い頃――戦争中から戦後の混乱期にかけて――の話は興味をそそるものばかりで、何度同じ話を聞いても私は楽しかったりするんですが、母にはそれが苦痛で仕方ないらしく、いつも「また同じ話ばっかりして」「くだらない」と吐き捨てたりするんです。
 その言い方はまるで思春期の娘が「お父さんなんて嫌い」と言っているようで、可笑しくもあるんですが(^_^;)


 「淑女の振る舞いとは、そこにトイレがあると知っていても、それがトイレだと口に出さないことだ」、と何かの本で読んだことがあります。
 何かを不快に思っても、それを口に出さずに本人の胸に収めておけば、少なくともその呟きを聞いて不快になる人はいないわけで。

 大体、酔っ払いの言動なんてもんは、本人じゃなくて酒が喋ってるようなもんだから、いくら言ったって労力の無駄だって(^_^;)

 そんな祖父の話を書き留めてみたい、といつも思うのですが、いつも唐突に話し出すからその機会がない……(^^ゞ くやしいなあ。

 八十近くなっても自分のことを「俺」と言い表し、歴史小説や推理小説が大好きで、流行ものに目がない祖父。酔っ払うとちょっとたちが悪いけど(^^ゞ 不器用に家族を守って生き抜いてきた祖父が大好きです。

 ちなみに、ゲルク老のモデルはこの祖父だったりします。
 頑固で熱血漢で、曲がったことが大嫌いで、でも孫にはめっぽう甘いおじいちゃん(笑)


れすれす


○web拍手より

 「原作×漫画大募集!」応募シナリオの感想をありがとうございます。率直なご意見、今後の創作の糧とさせていただきます。

 ところで、顔が見えないネット上、無記名で「お久しぶりです」と仰られても、文体からどこのどなたか判別するのはきわめて難しいのですが(^^ゞ
 
 感想は必ず記名で! と言っているのではなくて。
 ちょっと混乱したぞ、ということです。誤解のないよう。

 「原作×漫画大募集!」の方に専用のweb拍手があるのに、「星明かり亭」のweb拍手から送られてきたのもちょっとびっくり。

しくしく


 あれだけ何度も校正したはずなのに、もう誤字脱字を二箇所も見つけてしまって悲しいseedsです(>_<)
 ざっと読んであれだもんなあ、まだありそうだなあ。
 二箇所とも、意味はなんとか通るので致命的ではないものの、でもやっぱり、「お前ははどこを見ていたんだ」と過去の自分を叩いてやりたい(>_<)

 そのほかにも、いろいろ入稿の際にミスっていることがあったりして、もうちょっと慎重になりたい今日この頃。焦るとろくなことがないと分かっているのに、どうしても気が急いてしまう、典型的なうっかり者です(>_<)
 web拍手なんかも、うっかりエンター押しちゃって訳分からないメッセージ入れちゃったりするし(>_<) メールでも肝心なこと書かずに送っちゃったりするしなー。落ち着け自分。

れすれす


○web拍手より

 Tさん:お祝いのメッセージをありがとうございます~。企画楽しんでいただけて嬉しいです♪ 「キャラ質問」は書く方も楽しんでます(笑) 意外な一面が浮き彫りになったりして、面白いんです(^o^)/

れすれす


○web拍手より

 Sさん:「コヤギ」に聞こえますよね! 私一人じゃなかったんだ(笑)
 うちの祖父オリジナルではないんだと思うんですが、何しろ山男は歌が好きだから(笑)

 ちなみに母親からは「フニクリ・フニクラ」の替え歌を振りつきで教わりました(>_<) 「鬼のパンツはいいパンツ~」というとんでもない歌詞のヤツを……(^_^;)
 

アルプス一万尺


 私はずーっと、「こやぎのうーえで」と歌ってました(笑)
 ヤギの上で踊るなんてかわいそう、と憤慨していた記憶があります(^^ゞ

 この歌を教えてくれたのは登山が趣味という祖父だった気がするんですが、そりゃもうものすごい替え歌? を色々歌ってくれました。



来たー!!


 「未来の卵」上巻、本日手元に届きましたー!!

 朝の八時半に来てびっくりしました(笑) 自宅配送分もイベント会場行きと同じ時間指定で出してるんだろうな(笑)

 で、仕上がりですが、最高です! デジタルデータをFTP入稿したので色々不安もありましたが、すべて吹っ飛びました。丁寧な対応をありがとうございます、緑陽社さん! もう足向けて寝られません!

 これで下巻も安心して入稿できます。いや~、良かった良かった。

 心配していた「表紙と印刷色の組み合わせ」もかなり満足のいく仕上がりになっていて、冒険しなくて良かったな、と心から思いました(笑)

 さーて、アンケートをとらせていただいている「販売時期について」ですが、今のところ圧倒的に「上下巻が揃った時点で」となっているので、そのお言葉に甘えさせていただこうかな、と思ってます。
 ただ、初めての通販で何もかもが手探りなので、練習の意味で、上巻の販売をこそっと始めさせてもらうのもいいかなあ、と(^^ゞ
 どうしても早く手元に欲しい~、と思って下さった方がいらっしゃいましたら、こそっと連絡くださいな(^^ゞ
 

とりとめもなく


 アウトプットするためには、インプットしなくてはならない。そんな思いに駆られる今日この頃。
 いえね、ただ単に、妙に読書欲が出て、暇さえあれば本を読んでるだけなんですが。
 なぜだか宮部みゆきさんの本が読みたくなって、家の本棚を総なめし、それだけでは足りずに買いそびれていた「クロスファイア」を購入して読みふけっておりました。
 宮部さんの現代ものも大好きですが、(筆頭はステップファザー・ステップ)、歴史ものも大好きです。早く「日暮し」が文庫にならないかな。

 で、次はなにを読もうかな、と本屋をうろうろしていて、ふと思ったこと。
 最近、ライトノベル読んでないなー、って。

 記憶している限り、最近読んだライトノベルは「スレイヤーズすぺしゃる」で、それもどちらかというと購入が習慣化しているので何となく買った、というもの。
 昔は大体、一作か二作は連載中のものにハマって購入していたはずが、最近はどうにも食指が動かないんです。
 好きで読み続けていた作品がことごとく大団円を迎えてしまったのも一因かもしれませんが、好みが段々変わってきたのかもしれません。
 思えば、小学校低学年の頃は青い鳥文庫の「霧の向こうの不思議な町」とか「クレヨン王国」とか「ズッコケ三人組」を読んでいたのが、「はてしない物語」や「モモ」や「赤毛のアン」「十五少年漂流記」に移り、今度は「フォーチュン・クエスト」とか「無責任艦長タイラー」などのライトノベルに移って、そこから今度は「デルフィニア戦記」などの新書版にも手を出して、と、これまでにも色々好みは変わっているわけで、とりたてて不思議なことではないんですが。

 ただ、要因の一つに、「挿絵に惹かれない」というのもある気がします。最近のライトノベルの挿絵って、なんか画一的で……。
 「フォーチュン・クエスト」を見た時は迎夏生さんの描くパステルやトラップやおいしそうな食事(笑)にドキドキワクワクし、「タイラー」では都築和彦さんの描かれる可憐なアザリンさまに一目惚れし(^^ゞ 「デルフィニア戦記」の沖麻実也さんが描く、生き生きとした王妃や国王、そして楚々とした侍女に胸をときめかせたものでしたが……。
 ……「楽園の魔女たち」の表紙を見た瞬間、「ワタルのパロ書いてた人ー!!」と思ったヤツは稀でしょうが(笑) そういう嬉しい出会い(再会?)なんかもあったりして。
 「龍と魔法使い」は、「雲上楼閣綺談」(後藤星さんの漫画)を知らなかったらきっと手に取ってなかっただろうし、そこから榎木洋子さんにハマらなかったら、アンジェリークにハマらなかっただろうし(あのリダーの絵が好きだから、という理由でアンジェにハマったヤツ)

 ……こうやって書いてみると、一期一会ってホントにあるのね、って感じです(笑)

 で、話を戻して、最近はライトノベルから遠ざかってるわけですが、大人向けの文庫(基本的にハードカバーを買わない)って表紙の絵がわけ分からないものだったり、もしくは妙に写実的だったりして、どうにも色気がない気がします。この挿絵にした意味はなによ、と問いただしたくなるものもあるし(>_<)
 そして決定的なことは、挿絵がない! つまらない! (こら) ビジュアルイメージがゼロなので、読み手が自由に想像できるメリットはあるけれど、いざドラマ化・映画化した時に、どうにも自分のイメージから外れてしまってなんだか寂しい、というデメリット(?)も(^_^;) (回向院の茂七はもっと枯れた感じをイメージしてたのになあ……涙)

 話が宮部みゆきさんに戻ったところで、今悩んでいるのは「ICO」を買おうか買うまいか。
 ゲームクリアするまでは見ない方がいい、とあちこちで囁かれていたのですが、昨日ようやっとクリアしたので、読んでみたいなあ、と。
 ICOは久々に、買ってよかったと思えるゲームでした。まだ二週目ははじめてませんが、二週目からは二人プレイが出来るので、相方を巻き込んでみようと思います。
 思うことは色々あれど。二人で手をつないで、城をひた走っていた頃が、懐かしい。
 廃墟にさす光、そして影のコントラスト。もゆる緑。気まぐれに舞う鳩。風の音。こだまする呼び声。見上げる、高い空。彼女の一挙手一投足が、こんなにもいとおしい。
 ゲーム中、異様に少年に感情移入したのは、立場が似ているからかも、とふと思いました。言葉の通じない人の手を引いて、時に遠くから呼びかけて、一緒に歩く。時に走る。なるほど、今の私とおんなじだ(苦笑)
 手をつなぎ続けるのは大変で。思うように動いてくれないことに苛立ったり、気をもんだり。
 それなのに、手を離すと、こんなにも不安で、寂しくて。まるで、君が遠くへ離れていってしまうような気がして、慌てて君を呼ぶ。
 なので、ゲーム中はほんっとにべったりくっついてました。離れるの怖いんだもん。

 ……また話が逸れました。ええ、宮部みゆき氏が書いた小説版「ICO」なんですが、文庫になってないんですよね、これが。
 ハードカバーは高いし場所もとるし、何より寝っ転がって読めないので(こらこら)極力手元に置きたくないんです。
 まずは図書館で探してみようかな。

れすれす


○一言フォームより

 Sさん:詩の感想ありがとうございます~。最近は思い出したように書く程度ですが、十代~二十代なりたて辺りは、妙に詩人めいて書き散らしておりました。あそこに置いてあるのはそんな若かりし頃の心の欠片です。
 特にあの「大人」という詩は、あの頃の葛藤そのままを書き出したもので、しかも今もさしたる進展もないまま葛藤し続けている私がここにいるわけですが(^^ゞ
 子供と大人の区切りは、誰がつけてくれるものでも、自分が区切るものでもないのかもしれません。ただみんな、流れ流れて年を重ね、ふと振り返ってみると、そこに伸びる影の大きさに、もう子供ではない自分に気づくのかな、などと思います。


思いがけず


 時間が出来た(嬉)
 なにがバタバタって、相方の両親が遊びに来ていたものですから、車であちこち連れて行ってもらって、なかなかPCに向き合う時間が(^^ゞ
 車があると、やはり便利だなあと思います。いつも交通の便が悪くて、気合で40分強歩いて通っている保健センターが、車だとあっという間についてしまうんですもの。(ついでに家人の歯科検診に付き合ってもらったヤツ・笑)

 でもまあ、都内で車を所持できるのはお金持ちだけだし(^^ゞ そもそも、駐車場が少なくて高いから、車で移動するには限界があるか。
 電車は充実していても、バスが一時間に三本とか(^^ゞ そういう環境なので、電車の路線から外れた場所に行こうとするとエラいことに。しかも坂道ばっかりで自転車も楽じゃないと来た。ま、これは歩けってことなんでしょう。ええ歩いてやろうじゃないの、一時間でも二時間でも(涙)

+++++

 あれこれ質問BBSで「お見合い」の話題が出ていて、未婚男女それぞれについて答えてみたわけですが、なかなか皆さん身内に好みの相手を見つけられない様子です(笑)

 私だったら、結婚したい男性はダントツでダリスさんです(断言)
 恋人にしたいのはリファです。結婚すると窮屈そうなので、あくまで恋人。
 女性だったら……恋人にするのはシルビアの姉御で(笑) 結婚するなら大穴でトルテかな(笑) 引っ込み思案だけどしっかりしてるし。
 皆さんはいかがです?  

オフで……


 色々バタバタしているもので、企画のBBSや掲示板等のレスが週末までつけられなさそうです(>_<) ごめんなさい~m(__)m


アンケートについて


 「販売時期についてのアンケート」ですが、コメントを半角50文字まで任意で入れられるようにしていたつもりが、未使用設定になっていたようで(>_<)
 web拍手で教えてくださった方がいらしたので、先程慌てて設定を変更いたしました。

 今まで、コメントしてくても弾かれていた方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありませんm(__)m

 うっかりミス連発で、皆様にはご迷惑ばかりかけてしまい……。ううう、ごめんなさい。

 

れすれす


○web拍手より

 Sさん:ほんとここんとこ気候が不安定で、泣けてしまいます(>_<) 夏前に体調を整えておかないと、今度は夏ばてが待っているので(^_^;) 今のうちに頑張って体力つけます~。Sさんもお体には気をつけて下さいね!

 コメント欄が25文字で弾かれる、と教えてくださった方:ありがとうございました! 文字数だけでなく、コメント自体が「未使用」設定になっていたようで(汗) 慌てて直しました。教えてくださってありがとうございます~m(__)m

撃沈


 気が抜けたせいか、熱出してひっくり返ってました(>_<)
 久しぶりに熱の出る風邪を引いた気が……。
 金曜の夜までは何ともなかったんですよ! ところが、翌朝起きられなくって、おかしいなと思って熱を測ったら久々の37℃越え(平熱は標準なのに、37℃を少しでも越すと動けなくなるのです)。
 薬で熱を下げて、T-RPGのセッションなんて参加しちゃったら(場所提供者なので出ないわけに行かなかった……)、無理が祟って日曜日は一日中寝込む羽目に(T_T)
 今日になって、何とか復活しました。ふー、やれやれ。二日で治ったのはむしろ快挙と思おう。

 具合を悪くした時ほど、髪が鬱陶しいと感じます。
 そもそも、どうして人間の頭髪だけ、こうも節操なく伸びるんでしょう? 他の体毛は一定の長さまでしか伸びないのに。不思議だなあ……。
 あと、人間だけ白目が異様に露出してるのはどうしてだろうとか。不思議なことはいくらでもあります。世界は謎に満ちている。ううむ。


アンケート


 オフセット本の目処がついてきたので、アンケートを行います。販売時期について、皆さんの忌憚なきご意見をお寄せ下さい。

 正直な話、上下巻をセットで買ってくださるお大尽がいらっしゃるのかどうかが一番の疑問だったりするわけで(^^ゞ (だってどんなに頑張っても二冊で二千円近く行くんだもの……涙)なのでセット販売はしないことに決めました。

 下巻の目処もたったので、夏のコミケもしくはコミティアに出そうと思ってます(コミケは知り合いのところに置かせてもらう形になります……ってまだ当落が確定していないのでなんとも言えませんが)
 コミティアの参加申込締切は六月なので、直接参加にするか委託にするかはもうちょっと様子を見ようかと。

+++++

上巻の進捗状況:
  
 印刷所さんが作ってくださったPDFファイル(本文)の校正が終了。あとは刷り上りをまつだけ。すごく丁寧かつ迅速に対応してくださって、嬉しいです~。

れすれす


○web拍手より

 12日のSさん:お祝いの言葉をありがとうございます~。これからも頑張ります~♪
いついつまでもお待ちしておりますので(^^ゞ どうぞお気になさらず、ガシガシ書き込んで下さいまし~♪ って私の方こそROMってばかりで申し訳ないったら(^^ゞ

更新!


 六周年企画、読み物+αを更新しました!
 夜中に更新するつもりが、眠気に負けてしまいました(>_<) すいません~。

 「最後の日」は高校時代の演劇部の脚本。「硝子細工」は《gilders》の外伝。そして[異世界FTキャラを質問攻めだっ!]にはいつでも人気者のアイシャにご登場願いました~。
 
 高校時代に書いたオリジナル脚本は他に二本ほどあるのですが、原稿が見つからず、かろうじて残っていた「最後の日」をワープロのFDから引っ張り出してみました。
 他にも、高校時代に国語の課題で書いたオリジナルSF小説とか(自分史もしくは小説を書け、という課題でした……)、演劇部の音声ドラマ用に書いた「銀河鉄道の夜」の二次創作作品とか、掘り起こしたいものはいっぱいあるんですが、どれも原稿が全部もしくは一部が行方不明で(>_<) 引越しのたびになくなっていく気がするのはどうしてでしょう。(間違って捨ててるんだよ!!)
 
 硝子細工は「結晶」を書いていた時に思いついた作品で、《gilders》自体が大して作品数ないのにもう外伝かよ! と自分で自分に突っ込みつつ(笑) でも書きたくて書いてしまったものです(^^ゞ

 50の質問の人選は、主人公級もしくは人気の高いキャラで、今まで50の質問に答えていないキャラ、という基準で行ってます。なので(別の50の質問ですが)ラウルとリファは出てきません。何卒ご了承下さい~。
 で、いまさらながら、これが「異世界FTキャラ」限定の質問だということに気づいて、レンかレミーを出そうと思っていた目論見が外れてちょっと凹んでいるseedsでございます(>_<)
 あとの三人は誰にしよう……。今のところ有力候補は「ゲルク」「ダリス」「ローラ王女」「ユーク神」「村長」辺りですが、「この人のが見たい~!」というご希望などありましたらこそっと教えて下さいな(^^ゞ
 

れすれす


○web拍手より

10日:拍手をありがとうございます♪ 私も他所様ではいっつもROM専門だったりしますから(^^ゞ 

12日:お祝いのメッセージをありがとうございます~。これからものんびり続けていきます~♪


近況。


 よーやっとドキドキが治まったので(笑) 近況など。

 一昨日は午後からコミティアに突撃してました。「MT Road」さんのところにお邪魔して、また長々と(^^ゞ お話してました~。美矢さん、いつもすいません~。
 次回コミティアは八月後半にあるんですが、サークル参加できたらいいなあ、なんて思ってます。

 昨日は友人と「ジブリの森美術館」へ行ってきました!
 あいにくの雨&寒い一日だった上に、チケットが16時入場の回しか取れなくて、二時間ほどしか滞在できなかったのですが、いや素敵だった!
 一切手を抜かずに、ジブリの世界を作り上げているところがさすがだな、と思いました。
 子供心というか、少年の好奇心というか、そういうものをくすぐるものや場所がたくさんで、体がちっちゃくて得したかな、などと思ったり(笑) かがまずに中央ホールの螺旋階段を上れた自分が嬉しいやら、ちょっと切ないやら(^_^;)
 子ども限定のネコバスに家族連れが群がってましたが、そことグッズ等を販売しているお店部分以外はさほど混んでおらず、ゆったりと観覧することができました。
 カフェの食事もおいしくて、これで天気さえ良ければホントに絶好の日和だったのになあ(^_^;)
 予約制だと天気を見越せないのが痛いところですが、また行きたいです。


 今日は一日中家にいて、FTP入稿のための最終チェックなどしていたわけですが、息抜きにやっているのが「ICO」というゲーム。
 ついこの間ベスト版を買って、ちょこちょこ進めているんですが、いや見事にはまりました。
 霧の中にたたずむ城。頭に角の生えた少年。不思議な白い少女――。風の音と鳥のさえずりをBGMに、少女と手をつないで進んでいく。
 不思議な言葉を話す、まるで光を形どったかのような、淡い印象の少女。彼女がすっごくツボにはまって、アクションゲーム苦手なのにも関わらず必死にコントローラーを握って、彼女を引っ張りまわしております(^^ゞ
 手をつなぐ。私にとっては日常の、ごくありふれた仕草。
 それがどんな意味を持つのか、改めて考えさせられました。

 でも少年よ、もうちょっと優しく手を引いてやったらどうだい(^^ゞ そんな調子じゃ腕が抜けちゃうぞ(^_^;)
 

れすれす

○web拍手より

 Yさん:お祝いのメッセージありがとうございます~。一日TOP、お楽しみいただけて嬉しいです♪ そちらももうじき六周年ですか! 大きなキリ番も近いですし、イベント目白押しですねっ。ちょっと早いですけどおめでとうございます~。
 

入稿!


 オフセット版「未来の卵」上巻の入稿を先程終えました!!
 二回目でしかも初のFTP入稿、もう心臓が口から飛び出しそうなほどドッキドキでしたが、何とか終了~。
 データチェックは何度も行ったんですが、それでもなにか不手際があったらどうしようとか、うまく印刷に出なかったらどうしようとか、もう不安要素はまだまだいっぱい(>_<)
 ともあれ、ひとまず一段落です。ぷぅ~(気が抜けた音)

 あとは印刷所を信じて待つだけ~。緑陽社さん、何卒よろしくお願いいたしますm(__)m

 どっと気が抜けてしまったので、拍手のお返事等は後ほど。

50の質問更新~


 「六周年企画」の[異世界FTキャラを質問攻めだっ]を更新~。
 第二回は《gilders》主人公の女魔術士リダにご登場願いました。
 いやしかし、この50の質問、キャラを掘り下げるのにいいですね~。意外な一面を垣間見ることが出来て、答えるのが楽しいんです。

 「六周年企画」の随時更新ものは、TOPの更新履歴には載せませんので、お手数ですが企画TOPページかこの「MEMO」でご確認下さい。

 ついでにweb拍手も更新。ちみちみと描きためている「50 characters!」ですが、いろんな構図の絵を描こうと奮闘しております(^_^;)
 それにしても、五年位前に知人から誕生祝いとしてもらった「美少女キャラの描き方」「世界の美少女の描き方」(共にグラフィック社)がこんなにも活用される日が来るとは……(笑)
 

れすれす


○web拍手より

 Tさん:お祝いの言葉をありがとうございます~。一日限定TOPを見逃した方、かなりいらっしゃるようで(GW中に予告もなくやるんだから当たり前だ・爆)
 六月に入って「六周年企画」を「企画室」に格納する際に、この限定TOPもこっそり置いておきますので、もしよろしかったら覗いてやって下さい(^^ゞ もー、怪しさ満載のTOPですので(笑)

 サイト名&HN名を修正してくださった皆様、本当にお手数おかけしましたm(__)m ありがとうございます。

 

 

人気投票について

 六周年企画の一つ、キャラクター人気投票ですが、コラボレーション作品等に登場する他サイトさんのキャラクターにつきましては、「星明かり亭」のキャラではありませんので対象外とさせていただきます。

 コラボレーション作品はあくまで「パラレル」だと考えております。互いの公式設定にがっちり食い込むものではない、と。
 そもそも、私が作り出したキャラクターではないのですから、この人気投票に名を出したのでは先方に申し訳がたちません(>_<)

 楽しいコメントもいただいたのですが、上記理由で項目を削除させていただきました。何卒ご了承下さいm(__)m


一日限定TOP


 去年に引き続きやってみた「一日限定TOP」、今年は「冒険者の店・星明かり亭」バージョンでお届けしましたが、いかがだったでしょう?

 驚いてくださった方々がいっぱいいらしたので、もう「してやったり☆」です(^^ゞ

 デザインコンセプトは「本物のお店のサイトのような」です。(それであの程度か、と言われそうですけど)
 最初はデザインテンプレートを提供しているサイトさんから借りようとしてたんですが、どうにもしっくりくるものがなかったので、気合で作りました。
 本当は各コンテンツページも作ろうと思ってたんですけど、さすがにそこまで気力が持たず(^^ゞ その代わり、写真のロールオーバーには力を注ぎました(笑)

 ちなみに、現実にはありえないことばっかり書いてあったりするので(武器防具の販売って何さ・笑)、本物と間違われた方はいらっしゃらないと思うのですが……。

 一日限定と言いつつ、眠気に負けて夜に撤去ができなかったので、目撃された方はいつもより多いかと(^^ゞ

六周年!


 本日、星明かり亭はめでたく六周年を迎えることが出来ました!!

 まさか、ここまで続けられるとは夢にも思っていませんでした。
 本当にありがとうございます。

 これを記念しまして、五月いっぱい、六周年企画と題した各種企画を行っております。どうぞお楽しみ下さい。


+++++

 各方面にご心配をおかけした体調不良ですが、なんとか回復傾向に。PCの方も現在すこぶる快調に動いております。バックアップも取りました(^^ゞ 

 たまっていたメールやweb拍手、一言フォームのお返事などなど、連休を使ってゆっくり書いていきたいと思いますので、もう少々お待ち下さいませ。

 あ、先日このMEMOで書いた、「サイト名やHNの間違い」に関して、自己申告&修正報告を下さった皆さん、ありがとうございました! 紛らわしくって本当にごめんなさい。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

プロフィール

seeds

  • Author:seeds
  •  オリジナル小説サイト「星明かり亭」を運営するへっぽこモノカキ(^^ゞ
     猫好きだが猫アレルギー……orz

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

twitter

ブログ内検索

でんたま成分解析

月別アーカイブ

RSSフィード