MEMO

日常の呟きから小説裏話まで
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

140字SS・『笑顔』と『夜空』

 四回目の「140字SS用に2つのお題を用意しったー」。お題は「笑顔」と「夜空」でした。4回目にして「笑顔」が2回目なんですけど(^_^;)



 冬は空気が澄んでいるから、星が良く見えるのだという。だからと言って、わざわざ屋上まで上がって夜空を見上げなくともいい気がするのだが、
「あっ、オリオン!」
「ほら見てみて! 冬の大三角!」
 その無邪気な笑顔をみていると、吐く息の白さも気にならなくなるのだから、不思議なものだ。




 解説は折りたたみますー。

140字SS・『流星』と『彼方』

 ようやく三回目の「140字SS用に2つのお題を用意しったー」。お題は「流星」と「彼方」でした。



 流れ星が消える前に願い事を三度唱えれば、それは叶うという
 それならば、星の流れ着く先には、きっとたくさんの願いが溜まっているのだろう
 流星の彼方へと還ったあの人は今頃
 お星さまのプールに浸かりながら
 人々の願いを摘みあげては
「頑張れ若人」
 なんて笑っているに違いない




 蛇足な解説はたたみます。

140字SS・『頭上』と『笑顔』


 作っておいてなかなか自分で使う暇がなかった「140字SS用に2つのお題を用意しったー」ですが、ようやく二回目。お題は「頭上」と「笑顔」でした。




「ぅぐぉっ……!」
「きゃははっ! らう、へんな、こえっ!」
 文字通り「空から降ってきた」少女。その衝撃にどうにか耐えきって、やれやれと首を回せば、頭上に輝く眩しい笑顔。
 ぺしぺしと容赦なく叩いてくるその小さな手さえなければ、あたかも太陽の如く、とか詩的なことを想えたのだが。




 蛇足な解説はたたみまーす。

140字SS・『光』と『不思議』

 年末に、勢い余って自分で作ってしまった「140字SS用に2つのお題を用意しったー」、自分でやる一発目はこれでした。




 扉を開けた途端に零れる、眩い笑顔。
 また来ちゃいました、と笑う彼女は、小屋を歩き回っては歓声を上げている。何が楽しいのか不思議でならないが、それより不思議なのは光の竜ともあろうものが軽々しく村へ遊びに来ていいのかどうかと――
「きゃーっ!?」
 これほどまでにドジで大丈夫なのかどうかだ。




 蛇足な解説はたたんでおきますね~。

遅ればせながら、2013年総括と2014年の抱負など

 ようやっと三が日も過ぎて、少し落ち着いてきましたので、改めまして2013年の総括と今年の抱負など。

 2013年はなんといっても「お題de合同本企画」と、でんたま外伝「眠リ猫ノ夢」の同時発行に向けたアレコレに明け暮れた一年だったような気がします(笑)
 初のオンデマンド&初の合同誌&初めて使う印刷所と、初めてづくしで何もかもが手さぐり状態でしたが、一緒に戦ってくださった皆さんのおかげでどうにか大波小波を乗り越えていけました!

 というわけで、その辺りも含めまして2013年のプレイバックなど。

===========================================================

○でんたま「月に捧ぐ歌」第五章[10]~[21](第五章完結)
○でんたま・外伝7 てのひらの楽園
○星明かり亭mobile終了
●でんたま外伝「眠リ猫ノ夢」発行
●お題de合同本企画「立てこもり」

===========================================================

 「月に捧ぐ歌」第五章を年内に終わらせることが出来て、感無量でございました……! ようやっと折り返し地点まで漕ぎつけて、あとは帰路を描くだけ……なんですが、どこまでかかるかなあ(^_^;)

 外伝7「てのひらの楽園」は、ずっと前にプロットだけ作って放置してあったものをようやく小説化。お気に入りの作品です。

 お題de合同本企画「立てこもり」も、企画素案は何年も前からあったので、ようやっと実現できて嬉しかったです!! 同じお題でよくぞここまで、というバリエーション豊富な内容になりましたね。また時間のある時に第二段、第三段と続けていきたいと思っています!

 そして何と言っても今年はでんたま外伝「眠リ猫ノ夢」の発行です。当初は「お題~」に載せようと思っていたお話が思いのほか長編になってしまい、これを企画本に載せるのはマズイと泣く泣く切り離したものですが、琉桔真緒さんが挿絵を引き受けてくださったことで更にヒートアップ(笑) 文字通り心血を注いだ至上の逸品となっております(^o^) 

 で、この二作をほぼ同時に作ったことで、フルデジタル原稿の作成にかなり自信がつきました(笑) やはり経験は人を強くする……!!

 んでもって、調子に乗ってKaLさんのラドウェアアンソロジーにも参加させていただき、脱稿して手が空いたので色々お手伝いなどさせていただいたりと、貴重な経験をさせていただきましたですよー!

 イベント前になるとPC周りが壊れだすのも毎年のことで、今年は「眠リ猫ノ夢」入稿前日にプリンタが突如壊れ、出力見本が出せなくて印刷所さんに泣きついたり(大丈夫ですと言っていただけてほっと一安心)、イベント直前に安売りのプリンタを見つけて即決購入、慌ててペーパーを刷ったりと、いやもう本当にバタバタしました……。(そして年賀状印刷直前にインクが詰まってまた大慌てしたのもいつものこと……トホホ)

 そして、今年の一大事件は何と言っても「ヘルパンギーナ→手足口病」のコンボでダウン、でした。高熱から端を発し、手足の発疹が爪にまで広がって、爪がドット状に「剥ける」という恐ろしい事態に突入し、未だに治りきっていないという、恐怖の経験をしてしまいました……orz 大人は滅多にかからないはずなのにいいいいい。

 さて、2013年の冒頭に掲げた目標のうち、達成できたのは「でんたま「月に捧ぐ歌」を進める」だけでしたねえ。一日一行を可能な限り行ったおかげだと思います。やはり、形にならなくてもいいから何か書く、というのは大事なんですね。

 進めると言いながらまったく進まなかったアレコレにつきましては、「T☆T」だけはちょっとずつ書いているので、早いうちに出せたらな、と思います。
 《gilders》まとめ製本も、まず《gildres》が終わらないことには……(^_^;)
 手製本シリーズ「Tales of Farn」は、今後もイベント参加に合わせて一冊ずつ作って行けたらと思っています。ちょっとずつ書き溜めているので、次のイベントには間に合うのではないかと。


 なお、今年のイベント参加予定はまだまだ未定なのですが、秋のコミティアと冬のコミケに別ジャンルでサークル参加予定ですので、そちらで置かせてもらうか、それとも別個にサークル参加して売り子さんをお願いするかを検討中です。


 上記別ジャンルでのサークル参加なのですが、大学時代の仲間で合同誌を作る企画が進行中でして、これが無事完成すれば「学漫」で参加予定なのですよ。
 今年はこの企画で忙しくなるので、他の企画を立ち上げている余裕がなく……(>_<) でも、通常の更新とイベント参加は積極的にしていく所存ですので、どうぞよろしくお願いします!!

 というわけで、今年の抱負はこんな感じです。

===========================================================

○一日一行
○でんたま「月に捧ぐ歌」を進める
○36 etudeを完結させる
○「T☆T」のノベライズを進める
○Shining k-nights「Record Note」を進める
○『東大陸動乱!』外伝1を進める
○《gilders》まとめ製本
○イラスト修行!
●Tales of Farnシリーズを進める

===========================================================

 去年とほとんど変わりませんが、新たに増えたのが「イラスト修行!」です。やはり絵は描かないとどんどん描けなくなるし、描けば描くほど技術は上がっていくものだと痛感しましたので、漫画は無理でもイラストはもうちょっと描けるようになりたいなと思います。落書きレベルでもいいから頻繁に描こうと思います。

 そして、今年こそ36 etudeを終わらせて、《gilders》を完結させたいなーと思ってます。

 あと、去年ちらっと書いた「コミティア以外のイベント参加」ですが、体調とスケジュールを考えながらいろいろ検討したいと思います。今年もオフがバタバタしてるので、なかなかぱっとイベント参加できないのが辛いところです……。

 というわけで、今年もこんな感じで進めていきますので、よろしくお願いいたしますっ!

今年もよろしくお願いします!

2014年賀イラスト

 今年も星明かり亭とseedsをよろしくお願いいたします!!

 午年ということで何を書こうかなと考えた結果、「馬」→「カウボーイ」→「カウガール」という妙な発想に横滑りした挙句、描いていくうちにどういうわけか保安官もどきに(笑)

 で、誰に着てもらおうかと考えた結果、昨年大活躍?したキャラ、ちびっこローラにお出まし願いました。
 なぜちびっこになったのかは書いた本人にも分かりません!!(笑)