MEMO

日常の呟きから小説裏話まで
2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月

幻想水滸伝ファンサイト「幻燈館」を閉鎖しました

 星明かり亭の更新履歴ではないのでこちらで。
 長らく倉庫状態になっていた、幻想水滸伝ファンサイト「幻燈館」を閉鎖いたしました。
 作品のほとんどはpixivに移動させてありますので、そちらでお楽しみください。

 そして、サイトトップに貼るのを忘れていたpixivへのリンクを追加しておきました。「Shortcut + α」のweb拍手の隣にあります。

 幻想水滸伝の同人小説は、私が初めて人前に出した二次創作小説です。それほどまでに、あの作品にはのめり込んでました。今でもまだのめり込んでますが、作品を書きたい熱はだいぶ前に収まってしまったので(^^ゞ 
 ただ、書いた作品自体に愛着はあるので、サイトはずっと残しておいたのですが、pixivには小説も投稿できるので、どうせならそちらに載せようかな、と思いまして。

 拙いながら気に入っているイラストも、何点かはpixivに載せています。

 ナッシュが、ナッシュがいなかったなら、きっと私はあれほど幻想水滸伝にはのめり込まなかったんだよ……!

 思えば、私の不幸属性好きは彼から始まったのかも……(笑)


Tales of Farnの作品紹介ページ(その他)に「ラーン・衣装設定イラスト」を追加しました。


 Tales of Farnの作品紹介ページ(その他)に「ラーン・衣装設定イラスト」を追加しました。

 ラーンは全身図の方が先に描き上がっていたので、こちらから。後日、衣装設定を追加します。

 防御力を考えると、このような部分鎧は正直、紙のような装甲だと思いますが、ラーンはスピード重視の軽戦士タイプなので、「攻撃は最大の防御」を絵に描いたような戦い方をするために、このような装備になっております。

 ゴチャゴチャするので書きませんでしたが、左腰には長剣を下げています。盾は持たず、兜代わりに額あてをしております。首元のプレートは鎧にくっついていて、急所である喉を守るためのものですな。

 南大陸出身のラーンは、暑さには結構耐性がありますが(でもじめっとした暑さは多分苦手)、寒さにはとことん弱いので、北大陸なんて行った日には多分、もっこもこに毛皮を着こんで雪の中をえっちらおっちら歩いて、新手の怪物と間違われてそうです(笑)

 Tales of Farnの作品紹介ページ(その他)に「リファ・衣装設定イラスト」を追加しました。


 Tales of Farnの作品紹介ページ(その他)に「リファ・衣装設定イラスト」を追加しました。

 動きやすくするため「長衣を端折っている」という文中での描写がありましたので、さてどうやって端折るか、まさか着物みたいに端折るわけにもいかないしな、と考えた結果、長衣に紐を縫いつける荒業に出てみました(笑)
 内側の紐と外側の紐を結べば長衣の裾を好みの長さに上げることが出来るので、足さばきが楽になるかな、と。

 しかし、全身イラストを公開してないのに衣装設定だけ出すと何が何だかわかりませんね(^_^;)

 次はラーンを、と思いましたが、その前にエルクとリファの全身イラストを先に上げようと思います、。ご、ごめんよラーン。君は鎧だからパーツが多くて描くのに時間がかかるんだ……orz

140字SS・『姫君』と『眼鏡』

 九回目の「140字SS用に2つのお題を用意しったー」。お題は「姫君」と「眼鏡」でした。
 このお題にふさわしい人がいたなあ、と書いてみました~。




ふむ、と小さく頷いて、銀縁眼鏡の端をくい、と持ち上げる姫君。そうすると、ただでさえ怜悧な容貌に鋭さが加わって、実にその――恐ろしい。
「つまりキミは、突風で体勢を崩して肝心の届け物をぶちまけ、空っぽの籠を引っ提げて、のこのこと私の前に現れたと」
ごめんなさい、ではすみそうにない。





 解説は以下に~♪

 Tales of Farnの作品紹介ページ(その他)にエルク・衣装設定イラストを追加

 Tales of Farnの作品紹介ページ(その他)に「エルク・衣装設定イラスト」を追加しました。

 TOFの主人公エルクは作中で「遊牧民の衣装」「鮮やかな布を何枚も重ねるような」という描写がありますが、ちゃんと全身が出てくるイラストがなかったので、一度描いてみようと思ってまして……。

 こちらは一巻での衣装で、二巻からはもう少し薄着になってます。作中ではどんどん夏に近づいているので、さすがにフル装備だと暑くて倒れてしまいそうです……。

 次はリファの衣装解説が描きたいです。この人はどの時代でも似たような「いわゆる魔術士の長衣」を着ていますが、TOFでは旅装なので、あまりずるずるしたものは着ていません。長衣をあちこち端折って動きやすくしているイメージです。

140字SS・「ぬるま湯」


 「○○を使わない140字小説お題」、四回目。今回のお題は「ぬるま湯」です。



自分専用の寝台があって。お仕着せの服が与えられて。食堂に行けば温かい飯にありつけて。教室に行けば授業を受けられて。うまくできれば褒められて。風邪を引けば薬を飲まされて、嫌がらせのように子守歌まで歌われて――。
こんな、嘘みたいな日々が、段々と当たり前に感じてしまう自分が恐ろしい。




 解説は以下に~(^^ゞ

 15周年企画・いただきもの展示室に一点追加!!

 15周年企画・いただきもの展示室に一点追加です!
 「MT Road」の都岬美矢さんより、素敵なFlashアニメを頂きました~!!
 ぜひぜひご覧くださいっ!!


 >>15周年記念企画入口<<

実はすでに再販しないと在庫がないのですm(__)m


 先ほど誤字の報告をさせていただいた「Tales of Farn-03 緑野のざわめき」ですが、実はすでに通販の在庫がほぼゼロでして、これからご注文いただいた場合は「製本」のお時間を頂きますこと、予めご了承くださいませm(__)m

 何しろ今回、脱稿が遅かったせいで製本に取れる時間が少なく、最低限の数しか作成しなかったのです……。

 01(第二版)はあと4冊ほど、02はあと3冊ほど在庫があるのですが。どんだけ今回追い詰められていたかがお分かり頂けるかと……。

 自家製本ですのでいくらでも在庫は増やせますが、置く場所がないので受注製本のような形になります(^^ゞ


 そういや、前にツイッターで呟いた、オンデマンドで安く製本して下さる印刷所さんがある、という件ですが、実験的に《gilders》の前半をまとめて、注文してみようかなあ? なんて思いました。

 《gilders》は現在、全22話予定のところ前半の11話までは終わっているし、分量的にもちょうどいいんじゃないかと……。

 ただ、そうなると表紙はどうするんだとか、挿絵はどうするんだとか、コピー本ではカラーだったおまけページはどうするんだという細かいところも出てきますので、今年中に出せればいいかな、くらいのスパンで考えていこうと思います。

 何か良いアイディア等ございましたら、ぜひお寄せくださいませ♪


 ……あとね、15周年だし、うちもアンソロジー本企画とかやったら乗って下さる方は果たしていらっしゃるのかしらっていう話を、こないだのコミティアでちょろっとしたんですが……。
 乗って下さる方、いらっしゃったりします……??

誤字報告:Tales of Farn-03 緑野のざわめき


 5/5のCOMITIA108初売りの「Tales of Farn-03 緑野のざわめき」にて誤字がございましたので、訂正させていただきます。


「Tales of Farn-03 緑野のざわめき」

 P.47 18行目 ×快晴 → ○快哉


 第二版より訂正させていただきますm(__)m


 ご報告ありがとうございました!!


れすれす

○web拍手より

 5/11のFさん

 うおおおお、TOF-03の誤字報告ありがとうございます!! ×快晴→○快哉 でした……。タイプミスしたまま変換してしまったようで、申し訳ない! ありがとうございます!! 二版より直します!

140字SS・『道程』と『伝説』


 イベントが終わって気が抜けてしまい、文章が書けなくなってしまったので、リハビリがてら久々に「140字SS用に2つのお題を用意しったー」。お題は「道程」と「伝説」でした。




『金の魔術士』『流浪の不死人』
彼の者を表わす言葉は多々あって、どれも実に的確だ。
しかし、一番有名な形容詞を、私は敢えて用いない。

彼の者が『伝説』なのではない。
彼の者が歩んだ人生――傷つき、悲しみ、泣き、笑い、それでもひたすらに突き進んだ道程こそが、『伝説』となったのだ。





 蛇足な解説は畳みマース。


鬼灯の冷徹inナンジャタウン!

 真緒さん(LHASA KINGDOM)と「行きたいねー」と話していた、鬼灯の冷徹inナンジャタウン、とうとう突撃してまいりましたよ!!

 大分混んでるって話だったからドキドキして行ったんだけれど、GW明けの平日だったから、拍子抜けするくらいに空いていて、コラボメニューを二人でコンプリート出来ました♪

hoozuki01.jpg

 ↑ これは餃子類。芥子ちゃんの壺餃子がおいしかったなー。猫好好餃子を注文したら、お店の人が「ねこ入りまーす!」って厨房にオーダー投げてて吹いたww

hoozuki02.jpg

 ↑ こっちがスイーツ類。鬼灯の鬼に金棒ジェラート、赤と黒のジェラートが載ってたんですが、赤い方はラズベリー?と唐辛子!! 昔たまごさんが描いてくれた「Holiday」で出てきた唐辛子ソルベを思わず思い出したよ……!!

 金魚草ケーキポップは想像以上に甘かった……!!

 ガラポンで掛け軸風ポスターをゲットしたり、金魚草の塗り絵コンテストをせっせと塗って来たり(笑) 満喫してまいりましたーん♪

hoozuki03.jpg

 これは塗り絵のそばにあった1mの金魚草……。塗り絵コンテストの優秀作品に選ばれた方には、これがプレゼントされるそうですよ。でかい!!

hoozuki04.jpg

 んでもって、その隣にあったこれは3mの金魚草だよね……でかい、でかすぎる!!


 で、その後時間もあったので、カラオケに行ってアニソンばっか歌ってみたり(笑)
 さらに時間があったので、真緒さんを我が家にご招待して、本読んだり喋りまくったりしてましたw

 いやー、ホント充実した一日だった!! 真緒さんありがとう!!

COMITIA108レポート☆

 5/5に行われたCOMITIA108、参加してまいりましたー!


○申し込み前の悲劇編

 前回は参加を見送ったので、今回こそは! と意気込んで参加を決意したにもかかわらず、申し込み直前にインフルエンザ罹患という災難に見舞われました……orz (しかもインフルエンザ自体は服薬ですぐに落ち着いたんですが、咳が残ってしまって、およそ半月あまり咳が出っぱなしという恐ろしい事態に。結果、腹筋が相当つきました……。まさに怪我の巧妙……(@_@;)

 今回も「MT Road」さん、「ほわ毛堂」さんとの3サークル合同参加にさせていただいたんですが、3サークル以上の合同参加はオンラインでの申し込みが出来ないので、申込書を取りまとめて郵送しなければならず。間に合わないかと思いました……。

 そして、申し込みには「参加費振込」と「申込書の記入」が必要ですが、申込書には当然のことながら、カタログに載る「サークルカット」を描く欄がございまして。

 前々回は「リファ(TOF)」前回は「エルク(TOF)」と来たので、今回は「ラーン(TOF)」を描かねば! と頑張ったのに、どうにもうまく書けずに、結局「ラーンの背中」という、非常に申し訳ないカットに……。

comitia108cut.jpg

ごめん……ごめんよ……orz 今度何かで必ずリベンジするから許して……!


○原稿編

 イベント参加するからには何らかの新刊を! という制約を自らに課しているのですが、今回ばかりは危なかったです……。
 2月末から諸事情でオフが立て込んでおりまして、原稿に取り組める時間的・精神的余裕がほとんどなく、なんと脱稿がイベント6日前! そしてタイトル決めに丸一日かかり、更にはGWに別の用事が幾つか入っていたため、製本に費やせる時間が3日弱しかないという、とんだ強行軍となりました。

 そして今回、あまりの追い詰められっぷりに胃痛を発症。歩くと振動で辛い、というレベルにまで達しまして(+_+) 流石に観念して主治医に相談。胃薬とストレスを和らげる漢方を処方していただき、5日くらい服薬を続けてどうにか治まるという……。ここまで追い詰められたのは、大学時代にPBMの原稿が終わらなくて締め切りを破った時以来ですわ……orz

 ただ、そんな私の状況を見かねてか、普段イベント前になると機嫌を悪くするプリンターさんが、珍しく何のトラブルも発生させずに印刷作業を終えてくれ、製本作業はかなりすいすいと進みました!
 
 しかし、表紙印刷の際に設定をミスったようで、製本してたら指が黒くなった……!! ちゃんと乾いてから触ったはずなのに! これはやばい(+_+) と、以前作った紙のカバーを新刊につけさせていただきました。いやはや、申し訳ない……。


○当日編

 GWは好天の予報だったので、服装に悩まないで済むわー、なんて高を括っていたら、直前になって予報が変わって曇りマークに(+_+)
 でもまあ、暑いよりむしろ楽かも! なんて楽観視してたら、出発時に小雨がぱらついておる……!!

 どうにか国際展示場駅に着き、売り子をお願いした”鬼の編集長”スピィさんと合流。ビッグサイトを目指して歩き出すも、やっぱり小雨が……!! もう!!

 文句を垂れつつスペースまで辿り着き、先にいらっしゃってた「MT Road」の美矢さん、「ほわ毛堂」のきりんさんと合流。今回は「星明かり亭」が真ん中になる配置でした。


comitia108.jpg


 今回は「テーブルの上をすっきりさせる」をコンセプトに、余計なPOPを出さず、スペースNo.と新刊&既刊情報はポスターに印刷、TOFの見本には内容説明と値段を載せた帯を巻いてみたんですが、平置きだと帯が目立たなかった&帯の値段表記がちっちゃすぎた&眠り猫ノ夢の見本を持っていき忘れた……などなど、ポカミスが多かったです。

 あと、「立てこもり」は美矢さんが前々回に作って下さったPOPを使わせていただき、置き場所もお借りしてしまいましたm(__)m 「月下点」も毎回、一緒に置かせていただいて本当に申し訳なくm(__)m

 また、今回は委託本を3種類お預かりさせていただきまして、イリさんの「稲荷と娘」はPOPを作って下さったのでそれを、KaLさんのラドウェア戦役(上)とアンソロジーは、以前アンソロジーに寄稿させていただいた時のコメント欄で使ったユハリーエ陛下のイラストを着色したものをPOPに流用させていただきました(^^ゞ

 これらの委託本を手に取って下さった方に、うちのペーパーをちゃっかり渡すという戦略で、いつも余りまくるペーパーがほとんど捌けたのでちょっと嬉しいです(^^ゞ

 途中、スピィさんにスペースをお任せして、知り合いのサークルさんのところに顔を出させていただきました!
五里のさと」の杏烏龍さん、「自由島」のれんさん、「即席天国」のゆたんぽさん、お会いできてうれしかったです~♪ いつもツイッター等で構ってくださっているので、長らくお会いしてなくても、そんな気がしないですね(^^ゞ それぞれ新刊もゲットさせていただき、ほっくほく♪

 いつも通り、終了時までスペースにおりましたが、今回はなんだかすごく人が多かった印象でした! 開始早々、長蛇の列が出来てしまって、列移動しているところもいらっしゃいましたし(しかも、ぱっと見ただけでも100人近く並んで多っぽい……!! 一体どこのサークルさんだったのか……)。

 はてさて、今回も安定の「計算できないスキル」発動で、「えーっと、900円と500円で1.400円? ですよね?」とか言ってました(^^ゞ いつもすみません……。


 次回の参加は秋のCOMITIAになる予定ですが、実は別サークル名義での参加を予定しておりまして、新刊が出せるかどうかがまだ分かりません。詳しいことが分かり次第、イベントページなどで告知していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


【次回の課題】

・帯はかなり有効。ただし、値段表記は見やすくするべし!
・陳列棚上段は、新刊のアピールには弱いかも……。それよりはテーブル中央辺りの方が目に留まりやすいような。
・今回、ペーパーを置く場所がなくど真ん中に置いてしまったんですが、これは「ペーパーだけもらっていく」がやりづらかったですね(*_*) 置き場所を再考します。


15周年企画・いただきもの展示室に1点追加


 15周年企画・いただきもの展示室に一点追加です!
 「蒼い薔薇」の藤宮輝凛さんより、素敵な漫画を頂きました~!!
 ぜひぜひご覧くださいっ!!


 >>15周年記念企画入口<<

COMITIA108・参加情報

comitia108cut.jpg

2014.05.05(Mon.) COMITIA108(東京ビッグサイト 東4・5・6ホール 11:00~16:00)

A24b 「星明かり亭」

 今回も「MT Road」さん&「ほわ毛堂」さんとの3サークル合体参加になります!

 
○新刊○

「Tales of Farn-03 緑野のざわめき」(コピー本・A6・60P・300円)

tof03.jpg

○既刊○

・Tales of Farn-01 はじまりの大地(第二版)
・Tales of Farn-02 きらめきの旅路
・でんたま外伝「眠リ猫ノ夢」(挿絵:琉桔真緒さん)
・でんたま「未来の卵」上下巻
・《gilders》各巻

 少部数ずつですが一通り持っていきますので、買い逃しの巻がございましたらお気軽にお声かけください♪


○企画本○

 お題de合同本企画「立てこもり」(オンデマンド・A5・56P・400円)


○委託販売○

・「稲荷と娘 其ノ一」(higwayさん)
・「ラドウェア戦役(上巻)」(Radwair Cycleさん)
・「Anthology『Radwair Capsule』」(Radwair Cycleさん)




 今回の参加はだいぶ前から決めていたのに、申し込み段階でインフルエンザにかかるわ、原稿執筆とオフラインの諸々が被ってしまって一向に進まないわと、まあトラブル続出でございました(>_<)

 どうにか新刊も出せそうですので、ほっと一安心でございます。

 今回はテーブルの上が盛りだくさんになってます(笑) 是非ぜひ、お手にとってご覧くださいませ~(*^。^*)

 

※この記事はCOMITIA108終了時までブログトップに掲載されます。

15周年記念企画


 2014年5月をもちまして、星明かり亭は15周年を迎えました!
 ここまで辿り着くことが出来たのも、ひとえに支えて下さった皆様のおかげでございます。

 感謝の気持ちを込めて、15周年記念企画を立ち上げさせていただきました。

 ささやかな企画ではございますが、楽しんでいただければ幸いです。

15shunen_poster.jpg


 >>15周年記念企画TOP