MEMO

日常の呟きから小説裏話まで
2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月

大陸案内・「十一人の神々」にイラストを追加(リィーム)


 絵心の女神さまが長く家出されておりまして、大分間が空いてしまいましたが、幻想世界ファーンの資料を集めたページ「大陸案内」の「十一人の神々」解説ページに、イラストを随時入れています。


riem_color.jpg


 《魔神》リィーム。ファーン十一神のうち唯一、対となる神がいない孤高の存在。
 世界を巡り夜を照らす月を創り、そこに自らの力を満たすと、神々の暮らす《神殿》を離れ、月に移り住みました。
 神として信仰されることはほとんどありませんが、ファーンに存在するすべての魔術士は、月の影響を受け、先天的に魔力を体内に宿して生まれており、魔術士達にとっては「信仰」というよりも「魔術士として存在しうるための拠り所」として認識されています。


 …一般的にはほとんどなじみのない神様で、神殿も存在しません。
 術体系的にも、他の神々が「信者からの祈りを受けて、そのつど力を貸し与える」のに対し、リィームは「先に、素質のある生命体に対して魔力を付与したあとは放置」するため、術者は己が魔力のみで術を行使しています。
 また、リィームが地上に降りたり、魔術士の呼びかけに答えたりすることは今まで一度たりともなく、「存在だけが語られる神」となっています。

更新情報・でんたま「月に捧ぐ歌」第六章[6]


 でんたま・「月に捧ぐ歌」・第六章[6]をアップしました!

 どうにか一月空けずに出せました……(^^ゞ

 経緯を後回しにしたのは、前回の更新分でインパクトを出すためです(^^ゞ
 アルと一緒に大笑いしていただければ幸いです(ひどい)。


『未来の卵』上下巻の価格改定について


 2015年10月受付分より、製本版『未来の卵』上下巻の価格を、イベント頒布自家通販ともに改定させていただきます。

 『未来の卵』上巻  900円  →  500円
 『未来の卵』下巻  700円  →  500円

 発行より十年が経過しましたため、そろそろ紙の劣化が懸念されますこと、また、諸般の事情で今後、あまりイベントに参加できないため、少ない機会の中、より多くの方にお手に取っていただけるよう、価格改定を決断いたしました。

 改定前の値段でご購入いただいた方には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいませ。

更新情報・でんたま「月に捧ぐ歌」第六章[5]


 前回の更新から随分と間が空いてしまいましたが、でんたま・「月に捧ぐ歌」・第六章[5]をアップしました!

 うわははははは。いいところ(?)で引いてしまった。
 
 なるべく早めに続きを上げたいと思ってます。このままで放置はあまりにも可哀想だ(^_^;)