FC2ブログ

MEMO

日常の呟きから小説裏話まで
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年05月
ARCHIVE ≫ 2018年05月
      

≪ 前月 |  2018年05月  | 翌月 ≫

テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・4


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




井の中の魔法の海 田畑農耕地さん サークル名:虚事新社

…ああ……幼い頃に体験した「魔法の海」にタネがあるように、「今のヨッちゃん(の立場)」もある種のマヤカシであることを知っている主人公が、なんとも切ないですね……。
 今も魔法の海の向こう岸で手を振っているかもしれない「あの頃のヨッちゃん」が、いつか戻ってきたらいいな、と思いつつ。


甘葛浜茶譚 濱澤更紗さん サークル名:R.B.SELECTION

…いやーまったく、ごちそうさまでした!(満面の笑み) このあと、折角のチャンスを無駄にしないように、包囲網を固めてあげてほしいですね!!


美少年興信所・第三話「倉の中」抄 鳴原あきらさん サークル名:恋人と時限爆弾

…どちらにも心に抱えているものがあって、それらが絡み合っていく先に、少しでも光が見えたらいいのにな、と思わせるお話でした。


月蝕~静かの海 つんたさん サークル名:みずひきはえいとのっと

…海は海でも月面の海。「海」と言われている部分は盛り上がっているとは存じませんでした……。同じ月でも不吉の象徴という民族もいれば、直視してはならぬほどに神聖なものとして扱う民族もあり。人も時代や地域でそれぞれだけれど、それでも変わらぬものもあるのでしょうね。良い船出を。


海老で鯛を釣る へにゃらぽっちぽーさん サークル名:へにゃらぽっちぽー

…海老で鯛を釣っ……あれっ? この後、何が釣れるのか、ちょっと見てみたいですね。


九〇パーセントの水 雲鳴遊乃実さん サークル名:鳴草庵

…憎むほどに嫌う「仇」を教室から排除することに成功して、胸がすく思いだったとは言っているけれど、本当はそんなことをしたところで過去の痛みも恐怖も消せはしないし、何もかもなかったことになんてならない。結局のところ、傷は広がっただけで、今も透明な血を流し続けているのかな、とも。


人思う刀」 惟さん サークル名:水中月

…ああー、むっちゃんが最後に訪れたかった場所はそこか……。いつかは来るだろう終焉の日。どう過ごすのかは男士それぞれだろうけど、これが例えトゥルーエンドなのだとしても、叶うことなら、このままみんなで過ごす日々がいつまでも続けばいいのに、と思ってしまった……。


盆踊りの表側で 橋本野菊さん サークル名:アテナ戦記

…ああ……「私」の気持ちも、そして「私」のお母さんやおばあさんの気持ちも分かってしまうだけに、胸に刺さる……。でも――「私」はその目標地点まで辿り着いた時、本当にその言葉を吐き出すのかな、とも思いました。登っている時と、登り詰めた時の感情はまた違うから。


答え合わせは戦火の中で 白河 紫苑さん サークル名:BRADDY毒苺堂

…海は海でもそっちの海かー!! 燃焼経験者って括りが凄い(^_^;) 燃え盛る焔と血で真っ赤に染まった鶴さんこそ、まるで生ける炎のように映ったことでしょう。


漂う遺跡 野間みつねさん サークル名:千美生の里

…わあお! 「漂う島」と聞いただけでもう胸がときめきます! 知識欲旺盛な青年魔道士と、古代王国人の末裔。伝説の島を探索するには実によいコンビネーションですね。一体この島にどんな物語が眠っているのか、二人に許可を出した女声の正体も含めて色々気になります~!!


ひとり島 孤伏澤つたゐさん サークル名:ヨモツヘグイニナ

…かつて地震で半分を海に持っていかれた村の、小さな風習とお祭り、そして夏の苦い思い出。海に沈んだ村が、潮にやられても未だにそこに残り続けるように、陸に残った村では、鰹節の匂いが今も時折漂うのですね。
 人は何よりも「匂い」に思い出を残すのだという話を、ふと思い出しました。


海は本当にあるのだろうか 成瀬 悠さん サークル名:狼と蝶

…実は「自分が実際に見て「ある」と認識していること」というのは世の中のほんの一部で、ほとんどのことは「存在は知っているけど実際に確かめたことはない」もので出来ているのかも、と思いました。
 何やら事情のあるお二人、いつか本物の海を見ることは叶うでしょうか。


君の匂い 小鳥遊みちるさん サークル名:天鏡ラボラトリー

…完璧な空調が保たれている月面コロニーにおいては「場所の匂い」というものはかなり駆逐されてしまっているのかも。それだけに、地球からやってきた彼女の持ち込んだ「故郷の匂い」はきっと瑞々しいものだったのでしょう。
 悲劇と困難を乗り越えて、無事再会を果たした二人に幸あれ!


別れ 庭鳥さん サークル名:庭鳥草紙

…抗えない時代の波に、それでも凛と前を向く御台所の芯の強さに魅せられました。共に見に行こう、と願う海は、まだ触れることも叶わないだろう冷たい海。だけれど、せめてその海は穏やかなものであってほしいと。


右の目の海 三谷銀屋さん サークル名:UROKO

…世話焼きな死神さんと、大往生を遂げたものの未練を残して死んだ老女。若き日の憧れを求めて覗きこんだ鮮やかな海は、もしかしたら老女の願いをそのまま具現化した幻なのかもしれないけれど、それでもそれは、とてもとても、美しい光景でした。

テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・3


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




有明に浮かぶ星 桐谷瑞香さん サークル名:桐瑞の本棚

…波打ち際に打ち上げられた記憶喪失の青年と、それを助けた女性。きな臭い情勢の中、「彼」は記憶を取り戻さない方が幸せなのかもしれないなあ、と思いました……。でも、彼女を追いかけていっちゃいそうだなあ……。


海をつくる子供 夕霧ありあさん サークル名:たそがれの淡雪

…海を作ってしまおう、という発想がとても凄いし、それを実行に移した行動力もすごい!
 結果は(読み手にとっては想定内で)散々なことになったけれど、それで「海」をあきらめなかったこと、思い続けたことこそが、何よりも凄いことだと思いました。


海底の友とわたしの女神 恵陽さん サークル名:月明かり太陽館

…大いなるものは何をするにもスケールがでっかいなあ(^^ゞ 何とも激しい一目ぼれ……!
 友と恋する人を得たこの日は、きっといつまでも心に残る日になるのでしょうね。


海を飛ぶ ミツモト メガネさん サークル名:ミツモト時計店

…魚も苦しくて飛ぶのだろうか。くるしくて、でも飛ぶことを選ばなかった人の言葉は重い。


ノアVSリヴァイアサン カントさん サークル名:DrawingWriting

…予想もしないような天変地異。一度は対策が間に合ったけれど、それでは次は……?
 絶望しか見えないような展開に、更に一歩踏み込んだ「夢」を見出せる強さが眩しい。


コンポステーラの墓守り人 檜さん サークル名:クリスマス市のグリューワイン

…あの時代にあって、己が信じるものを迷いなく貫き続ける姿と、あどけない海への憧憬。思いが集束していくさまが、まるで真っ直ぐな光のようでした。誰かを、何かを「清らかだ」と思う、その心もまた清らかなのであると。


 ひざのうらはやおさん サークル名:(株)ごうがふかいなホールディングス

…酩酊&厨二病のコラボ、なのかもしれないけど、こういう時の言葉こそがその人の真実だったりするよなあ、と思いながら読みました。


世界の終わりにりんごの木を 深海いわしさん サークル名:雨の庭

…戦いの終焉が必ずしも世界の終焉ではないように、数々のイレギュラーによって生き延びた「それ」は、新たな生を手に入れて、どこまでも飛んでいくのだなあ。思いがけない新天地が見つかることを祈って。


違う骨 遠藤ヒツジさん サークル名:羊目舎

…紗幕の向こう、生ぬるい潮風と熱風に揉まれる、白昼夢のようなロードムービー。どこまでが現実でどこまでが夢なのか。


朱い海と金の薔薇 葉原あきよさん サークル名:オレンジ宇宙工場

…それ自体が美しい、力強い召喚の儀式。とんだ邪魔――あるいは運命?――が入ったけれど、なんだかこの先はとても賑やかで楽しい日々が待ち侘びていそうですね。


九月の海は 高梨來さん サークル名:午前三時の音楽

…夏休みが終わり、海水浴シーズンも終わった海での、ちょっと遅いバカンス。この二人にとって、何の気兼ねもなく遊べる日が来るのはまだ先のことなのだろうけれど、今日の出来事はもっとずっと思い出に残るんじゃないかな、なんて思いました。


茨の海 ミドさん サークル名:ナイスボート観光

…戦争という、自分だけの力ではどうにもならない事態に、それでも冷静に生存を掴みとろうとした少年と、あくどくたくましく生きる海の男達。「噂」というのは時に冷酷で、実に恐ろしい「刃」になるのだと思い知らされます。最悪の結末を迎える前に、ひたすら前へ進め。


海賊放送 小田島静流 サークル名:空想工房

…拙作なので割愛(^^ゞ こちらはテキレボ7で頒布開始予定の「空想工房」会誌「カケラVol.03」に収録予定の作品(お試し版)となります。


うみたま DA☆さん サークル名:DA☆RK’n SIGHT

…深い海の底で。海が生まれる場所で。まるで夢の中のようにゆらゆらと揺らめく水底で繰り広げられるその光景は、まるで神話の一ページのよう。ぐるぐるかき混ぜてぽたりと垂らして島が生まれる。なるほど「彼」は一度は海となり、そして陸へと生まれ直したのかもしれないなあ、と。


The Garms and the Sea 奈木 一可さん サークル名:燎火堂

…原作ゲームは未プレイなのですが、冒頭の「まだ世界が平和だった頃の海の思い出」がとても眩しく鮮やかで、戦闘の日々からすればまるで夢の中の光景のようです。「この戦争が終わったら~」というのが嫌なフラグにならないことを切に祈らずにはいられません。