MEMO

日常の呟きから小説裏話まで
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP連載小説・いつかどこかで ≫ いつかどこかで・第2話「どこで」

いつかどこかで・第2話「どこで」

 この町は、学園を中心に作られている。
 だから町のメインストリートはそのまま学園への通学路であり、朝夕に生徒達が行列を成す様はまるでどこぞのイベント会場のようだ。
 しかし、授業が始まれば町は閑散として、まるで使われていない映画のセットのようだ。メインストリートにも人影などというものはほとんどなく、目を瞑って歩いても誰かにぶつかる可能性は極めて低い。
 そんなゴーストタウンのような町を気ままにふらつくのが、少女のひそかな楽しみだった。店もまだ開いていない午前中、誰もいないメインストリートを裸足で飛び跳ね、鳩を蹴散らし、噴水の縁をぐるりと一周したりして、笑い声をあげる。大きな声で歌を歌っても、咎める人は誰もいない。
 まるで世界に自分一人だけになってしまったような、不思議な開放感。空は嫌味なほどに晴れ渡り、雲一つなくて、風すらも止まってしまったかのような、空白の時間。
「神様のくれた時間ね」
 誰にともなく呟いて、噴水の水飛沫を足で蹴り上げる。飛び散った滴でお気に入りのワンピースが濡れてしまったが、気にせず足を突っ込んで、ばしゃばしゃと跳ね散らかす。
 水浴びをしていた鳩たちが驚いて、一斉に羽を打ち鳴らして飛び去って行く。その羽音に気を取られていたから、近づいてくる足音に気づくのが一瞬遅れた。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【いつかどこかで・第2話「どこで」】
 この町は、学園を中心に作られている。 だから町のメインストリートはそのまま学園への通学路であり、朝夕に生徒達が行列を成す様はまるでどこぞのイベント会場のようだ。 しか...
2012年07月02日(Mon) 04:01