FC2ブログ

MEMO

日常の呟きから小説裏話まで
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP感想 ≫ テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・3

テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・3


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




有明に浮かぶ星 桐谷瑞香さん サークル名:桐瑞の本棚

…波打ち際に打ち上げられた記憶喪失の青年と、それを助けた女性。きな臭い情勢の中、「彼」は記憶を取り戻さない方が幸せなのかもしれないなあ、と思いました……。でも、彼女を追いかけていっちゃいそうだなあ……。


海をつくる子供 夕霧ありあさん サークル名:たそがれの淡雪

…海を作ってしまおう、という発想がとても凄いし、それを実行に移した行動力もすごい!
 結果は(読み手にとっては想定内で)散々なことになったけれど、それで「海」をあきらめなかったこと、思い続けたことこそが、何よりも凄いことだと思いました。


海底の友とわたしの女神 恵陽さん サークル名:月明かり太陽館

…大いなるものは何をするにもスケールがでっかいなあ(^^ゞ 何とも激しい一目ぼれ……!
 友と恋する人を得たこの日は、きっといつまでも心に残る日になるのでしょうね。


海を飛ぶ ミツモト メガネさん サークル名:ミツモト時計店

…魚も苦しくて飛ぶのだろうか。くるしくて、でも飛ぶことを選ばなかった人の言葉は重い。


ノアVSリヴァイアサン カントさん サークル名:DrawingWriting

…予想もしないような天変地異。一度は対策が間に合ったけれど、それでは次は……?
 絶望しか見えないような展開に、更に一歩踏み込んだ「夢」を見出せる強さが眩しい。


コンポステーラの墓守り人 檜さん サークル名:クリスマス市のグリューワイン

…あの時代にあって、己が信じるものを迷いなく貫き続ける姿と、あどけない海への憧憬。思いが集束していくさまが、まるで真っ直ぐな光のようでした。誰かを、何かを「清らかだ」と思う、その心もまた清らかなのであると。


 ひざのうらはやおさん サークル名:(株)ごうがふかいなホールディングス

…酩酊&厨二病のコラボ、なのかもしれないけど、こういう時の言葉こそがその人の真実だったりするよなあ、と思いながら読みました。


世界の終わりにりんごの木を 深海いわしさん サークル名:雨の庭

…戦いの終焉が必ずしも世界の終焉ではないように、数々のイレギュラーによって生き延びた「それ」は、新たな生を手に入れて、どこまでも飛んでいくのだなあ。思いがけない新天地が見つかることを祈って。


違う骨 遠藤ヒツジさん サークル名:羊目舎

…紗幕の向こう、生ぬるい潮風と熱風に揉まれる、白昼夢のようなロードムービー。どこまでが現実でどこまでが夢なのか。


朱い海と金の薔薇 葉原あきよさん サークル名:オレンジ宇宙工場

…それ自体が美しい、力強い召喚の儀式。とんだ邪魔――あるいは運命?――が入ったけれど、なんだかこの先はとても賑やかで楽しい日々が待ち侘びていそうですね。


九月の海は 高梨來さん サークル名:午前三時の音楽

…夏休みが終わり、海水浴シーズンも終わった海での、ちょっと遅いバカンス。この二人にとって、何の気兼ねもなく遊べる日が来るのはまだ先のことなのだろうけれど、今日の出来事はもっとずっと思い出に残るんじゃないかな、なんて思いました。


茨の海 ミドさん サークル名:ナイスボート観光

…戦争という、自分だけの力ではどうにもならない事態に、それでも冷静に生存を掴みとろうとした少年と、あくどくたくましく生きる海の男達。「噂」というのは時に冷酷で、実に恐ろしい「刃」になるのだと思い知らされます。最悪の結末を迎える前に、ひたすら前へ進め。


海賊放送 小田島静流 サークル名:空想工房

…拙作なので割愛(^^ゞ こちらはテキレボ7で頒布開始予定の「空想工房」会誌「カケラVol.03」に収録予定の作品(お試し版)となります。


うみたま DA☆さん サークル名:DA☆RK’n SIGHT

…深い海の底で。海が生まれる場所で。まるで夢の中のようにゆらゆらと揺らめく水底で繰り広げられるその光景は、まるで神話の一ページのよう。ぐるぐるかき混ぜてぽたりと垂らして島が生まれる。なるほど「彼」は一度は海となり、そして陸へと生まれ直したのかもしれないなあ、と。


The Garms and the Sea 奈木 一可さん サークル名:燎火堂

…原作ゲームは未プレイなのですが、冒頭の「まだ世界が平和だった頃の海の思い出」がとても眩しく鮮やかで、戦闘の日々からすればまるで夢の中の光景のようです。「この戦争が終わったら~」というのが嫌なフラグにならないことを切に祈らずにはいられません。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL